大阪でうちわ作成

うちわ製作ならここでオリジナルプリント印刷だ

お祭りなら大阪でうちわを作成

 

 

 

東京都でオリジナルうちわを作成するときには、絵柄なども大切ですがフォントも目的によって見やすくしたり、イメージ通りに文字を使い分けることで全く別な印象を与えることが出来ます。

更に、カラーリングと組みあわせてフォントを使い分けることで目を引くオリジナルうちわになります。
フォントとは「書体」のこと。文字はフォントによって随分と印象が異なります。
男性らしく、女性らしく、子供らしく、老人らしく、のように、同じ文章が書かれていても与える印象が随分変わりますので、
もし選べる環境があれば、ぜひこだわりたいところです。
代表的なものにゴシック体と明朝体があります。

ゴシック体は、角ばった字体で縦と横の太さが同じなので力強い印象を与えることが可能で、大きな会場などで見せるときにお勧めです。

明朝体は、横の線が細くて縦の線が太いので柔らかい印象になります。長い時間見ていても、疲れにくく、新聞や雑誌の縦書きなど、読み物によく使用されていて中国の明の時代に様式化された書体といわれています。
他にも、POP体や楷書体等多くの種類があり、POP体はカジュアルなデザインや軽さがありますし、楷書体は案内状や和の雰囲気があります。

 

オリジナルうちわを東京都で作成するときも、個性あるデザイン以外にも読みやすいことも重要になります。

 

ゴシックや明朝体にすれば読みやすいです。
また、企業やお店にあったものにするのも大切です。